かず

こんにちわ
アマ転学院の かず です。

 

FBA納品ってなんぞや?

1度も使った事が無いと未知の領域ですよね。

 

「なんだかとっても難しそう」

 

私もそう思ってました

でも1度使ったらやめられません

とっても楽チンになるからです。

 

FBA納品とは

FBA納品とは
商品をAmazonの倉庫に預けて、
注文が入ると自動的に
Amazon倉庫のスタッフが梱包し
お客様に発送してくれます。

Amazon倉庫

つまり、

「注文が入った」
  ↓
●箱を用意する
●納品書を印刷する
●梱包する
●発送する

これらの手間から解放されます。

 

FBA納品のメリット

FBA納品しておけば、

遊んでいようが、寝ていようが、

地球の裏側に旅行に行っていようが、

ほったらかしです。

 

注文が入ったら勝手に発送してくれます。

 

FBA注文の商品発送のお知らせ

「あ、売れた♪」

と携帯に届くメールを確認するのみ。

この注文を全部1つ1つ段ボールに詰めて発送なんてやっていたら・・・・

ゾッとしますね

 

他にもメリットがたくさんあります。

自己発送とFBA発送の比較

自己発送とFBA発送の違い

●Amazonロゴの入った綺麗な箱で発送

テープはがし跡がある汚い段ボールで送っていませんか?

 

●送料無料とアピールできる

自己発送出品は商品価格+送料と表示されますが、

FBA納品だと商品価格のみの表記です。

 

●お急ぎ便や日付指定便に対応できる

Amazon倉庫では迅速な発送が出来る為、

急いでいるお客様に選んでもらえます。

 

このようにお客側にとっても

メリットのあるサービスになっている為、

FBA納品して販売した方が

多少高くても買ってもらえる

傾向があります。

Amazonなら余裕のある箱で綺麗なラッピングで発送してくれますので

届いた時にお客さんに与える印象もいいです♪

Amazonの梱包

お店に良い評価が付く可能性もアップします。

 

FBA納品の代行手数料は安い

 

「でもAmazonスタッフに対応してもらうなんて、
 手数料が高いんでしょ?利益が減っちゃうんじゃ…」

 

いいえ、増えます。

 

小~中型商品の場合、350円程度

大型商品でも650円程度です。

Amazon配送代行手数料

引用元:Amazon.co.jp

これは発送代行料と「送料」も含めた金額です。

自己発送で宅急便やゆうパックに支払う送料よりも遥かに安上がりなのです。

 

FBA代行手数料を確認する方法

Amazon公式のFBA料金シミュレーターで実際に確認できます。

 

FBA料金シミュレーター
https://sellercentral-japan.amazon.com/fba/profitabilitycalculator/index?lang=ja_JP

例えば下記のように記入してみて下さい。

「B0002QNIDS」検索

(デジカメです)

500円で仕入れたと仮定しましょう。

●自社発送の場合

商品代金:2000円
配送料:600円

出品手数料:208円
出品者出荷の費用:600円
商品原価:500円

純利益:1292円

 

●FBA発送の場合
商品代金:2600円
(商品は送料込価格で並ぶ為、送料分高く設定しても最安値になります)

出品手数料:208円
FBA手数料:345円
商品原価:500円

純利益:1547円

 

純利益の金額はFBA発送の方が高くなりますね。

FBA納品していない事が

いかにもったいないか判ったと思います。

 

次回はFBA納品の詳しい手順を解説します。

それでは。


1個で利益1万円以上でる激レア商品
LINE友達限定で教えています。

この記事に関しての
疑問や質問もLINEでお気軽にどうぞ!

アマ転メンバーの「きよ、かず、けい」
が必ず返信します!


LINE友達追加
 ↓

友だち追加


ブログには書けない
最新激ヤバ情報
LINE@限定で配信中です


LINE ID検索はコチラ
 ↓
@rmu3536e
(@も忘れずに)


記事が参考になったらクリックお願いします。
 ↓
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ