けい
こんにちは!
アマ転学院の けい です。

 

今回は、Amazonの複数カタログについて

書こうと思います。

 

モノレートで商品を検索すると、

同じ商品のページが

複数出るときがありますよね。

例えばこの商品。

 

この2つのカタログの商品は

まったく同じ商品です。

しかしこの時点でわかるとおり、

この商品はまったく売れていません。

 

でも実はこの商品

ちゃんとAmazonで出品されています。

 

そもそもなぜ商品カタログが

複数あるのかというと、

大口出品者であれば、

普通に誰でもカタログページを

作れちゃうからなんですね。

 

ちなみに、

同じ商品なのに複数あっても

買う人の混乱を招くだけなので、

Amazonに申告すればカタログを

統合してもらう事もできます。

 

複数カタログがあるということは、

つまりモノレートの検索にも、

複数ヒットしてしまうんですね。

 

ここで、初心者が引っかかりやすいのが、

本来の売れているカタログを

見逃してしまうというケースです。

 

もしもモノレートで同じ商品が

複数ヒットした場合、

売れているカタログを見るようにします。

 

さっきのぶるリラの、

本来の売れているカタログのモノレートを

見てみると
(画像クリックで拡大)

 

しっかりと売れています。

ちなみにこの商品、

今でこそ仕入れ対象ではありませんが、

一時期在庫切れを起こしていたときは

中古でも4千円で売れていました。

 

定価が1500円程度の商品なので

実際かなり安く仕入れてました。

こういった商品を見つけることができると

一気に面白くなりますよ。

 

ではまた

 


1個で利益1万円以上でる激レア商品
LINE友達限定で教えています。

この記事に関しての
疑問や質問もLINEでお気軽にどうぞ!

アマ転メンバーの「きよ、かず、けい」
が必ず返信します!


LINE友達追加
 ↓

友だち追加


ブログには書けない
最新激ヤバ情報
LINE@限定で配信中です


LINE ID検索はコチラ
 ↓
@rmu3536e
(@も忘れずに)


記事が参考になったらクリックお願いします。
 ↓
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ