けい
こんにちは!
アマ転学院の けい です。

 

最近、めっきり寒くなりましたよね。

冷たい夜風に長時間さらされた結果、

私はあっさりと風邪を引きました。

それも厄介な、お腹の風邪ってやつをね・・

なのでこの記事を書いている今も、

下痢が止まりません。
(※漏らしながら書いてるわけじゃないですよ)

 

 

さて!みなさんは

マケプレプライムというものを

ご存じでしょうか?

(※画像またはこちらをクリックで公式ページへ)

 

Amazonプライムという言葉は、

普段アマゾンで買い物をする人は

知っているかと思います。

そう、よく見かけるあのマークです。

 

簡単に言うと、マケプレプライムとは、

Amazon出品者が、自分の販売商品に

このprimeマークをつけることが

できるサービスという事ですね。

つまり、自己発送商品でもprimeサービスを

購入者に提供することができるサービスです。

 

公式ページにも書いてありますが、

その他にも、以下のようなメリットが提示されています。
(※画像クリックで拡大表示)

 

 

でも、すでにFBAを利用している人に

メリットはあるのか?
(FBAについては、下の記事をご覧ください。)

FBA納品とは?実は小口出品アカウントでも出来る!

たった5分で解る!FBA納品の手順!徹底解説!

「FBA納品」と「自己発送」賢く使い分けるポイント

 

もっとも大きなメリットは②番目かと。

マケプレプライムに登録する事で、

自己発送商品にもprimeマークを

付けることができるようになります。

 

商材・サイズなどにより、

FBAの取扱い制限の対象となる場合は、

マケプレプライムを使えば

FBAと同じサービスを付加させることが

できるというわけですね。

 

これにより、自社発送の商品に対して、

Amazonのカスタマーサービスが

付くようになります。

 

購入者からの自己・自社発送商品に対する

問い合わせに、Amazonオペレータが

答えてくれるようになります。

 

これはなかなかのメリットです。

お問い合わせ対応を他でもない

Amazonに外注することができるわけです。

 

問い合わせが多くて困っている

自己発送商品があるという人には

うってつけのサービスですね!
(※私はマケプレプライムの回し者ではありません)

 

面倒な業務はどんどん外注化して、

他の事にまわせる時間を

確保していきましょう!

 

では、出品の仕方についても説明します。

サービスを利用するには、以下の条件があります。

1. 対象地域へのお急ぎ便の提供
2. 日本全国への通常配送無料の提供
3. Amazon上で追跡が可能な配送方法の利用
4. Amazonのポリシーに基づく返品・返金対応
5. Amazonによるカスタマーサービス、返品受付の提供

 

自己発送品については

Amazon側では管理しきれないので、

こうした条件があるのは当然っちゃ当然ですね。

 

Amazon上で追跡可能な配送方法は以下の通り。

【ヤマト運輸】
・宅急便 ・宅急便コンパクト・ネコポス
・宅急便タイムサービス

【日本郵便】
・ゆうパック ・レターパック
・クリックポスト

 

さらに、直近50件のマケプレプライム対象商品の

注文出荷において、以下のパフォーマンスを

満たす必要があります。

注文即日の出荷率が99%以上
追跡可能率が94%以上
出荷前キャンセル率が1%未満

 

そして利用するにあたり、

はじめはトライアル期間があります。

必要な配送品質を保つために、

対象商品の出荷オペレーションや

配送キャリアとの調整をする期間になります。

 

これら条件を満たし、

トライアルを完了すると、

Amazon.co.jpで自己発送の商品に

Amazonプライムのマークが表示されるようになります。

 

さて、ここまではメリットのみ話しましたが、

もちろん、デメリットも存在します。

デメリットについてはまた別の記事で

解説します!

 

ではまた


1個で利益1万円以上でる激レア商品
LINE友達限定で教えています。

この記事に関しての
疑問や質問もLINEでお気軽にどうぞ!

アマ転メンバーの「きよ、かず、けい」
が必ず返信します!


LINE友達追加
 ↓

友だち追加


ブログには書けない
最新激ヤバ情報
LINE@限定で配信中です


LINE ID検索はコチラ
 ↓
@rmu3536e
(@も忘れずに)


記事が参考になったらクリックお願いします。
 ↓
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ