きよ
こんにちは!
アマ転学院の きよ です。

 

前回の記事で

値下げしてもらうための交渉方法について

一部ではありますが解説しました。

 

本日はその中で箇条書きしました

『7つの値付け』について補足説明します。

血液型の性格診断みたいなものですが

交渉の数をこなしていく内に

自然と理解できます。

フリマだけで何千回と取引した経験から

私が感じた統計データをタイプごとに

★”5段階”で列挙します。

※★の数が多いほど交渉しやすいです。

 

1、入金額重視型

 

交渉成功率:★★

利益額の意識が高いので交渉泣かせです。
 
相場感が鋭く交渉する時は
 
端数切りのメッセージを入れ、
 
反応を伺うのが無難です。

レスポンスは比較的早く対応はマメです。
 
販売ページの説明が丁寧で、
 
早く売ることよりも適正価格で売る意識が
 
強い傾向にあります。

受け答えが自然でスキがない印象です。
 
値下げ交渉+まとめ買い交渉など
 
相手へのメリットの提示をする事で
 
話をまとめにいきましょう!

 

2、手数料差引型

 

交渉成功率:★★★

このタイプは二極化します。
 
1つ目は、しっかりと相場を意識した
 
入金額重視型を併せ持つタイプ(A)と
 
2つ目は、売る値段に特に拘りはなく
 
どんぶり勘定型を併せ持つタイプ(B)。
 
そのため、Bタイプなら
 
手数料を意識しているわりに値付があまく
 
大幅値下げが効きます。
 
特徴は同じ数字の連番で
 
例えば、5555円という値付けなら
 
3333円など同じ連番で交渉をするのも有効です。

Aタイプはレスポンスは良いのですが
 
交渉してもほぼ成立しません。
 
Bタイプは気ままな返答が多く、
 
返答に時間がかかる場合があります。
 
売る金額よりも自分の予定を優先する傾向です。

AとBタイプでは性格が真逆なので受け答えで
 
すぐにわかりますがBタイプは質問に対して
 
詳細な回答が返ってきません。

連番出品も見つけたらダメ元でも

積極的に交渉してみましょう!

思わぬ結果になりえます。

3、コメント必須型

 

交渉成功率:★

値下げ交渉をしても期待できない上に

関わるとトラブルになりやすい出品者です。
 
123456円や99999円など

相場に対して妥当ではない金額で出品し

入ってくるコメントを見ながら

売る価格を決めてきます。

買えない金額で出品されているので、

希望価格で買うまでに最低でも2~3回の

やり取りをする必要があります。

受け答えが雑で自分中心な回答が返ってきます。

メルカリではそもそもオークションを促すような

出品の仕方を禁止しています。

このタイプは見かけてもスルーでOKです。

関わるだけ時間の無駄です。

4、送料除外型

 

交渉成功率:★★★

着払い出品に対する拘りが強く

主に北海道や沖縄など遠方の出品者か

配送方法が未定で送料計算が苦手なタイプ

着払いのまま交渉を進めるかこちらから

配送方法と配送料金の提示をすることで
 
送料込に切り替え、値下げに応じてもらいます。
 
傾向として返答に時間がかかる場合が多く、

希望価格で買うまでに最低でも2~3回の 

やり取りをする必要があります。 
 
単純に地域が遠方という場合は受け答えに

時間を要さないが、送料の計算ができない

タイプは購入した後から配送の仕方を

購入者に質問してくることも多々あり。

安くかったとしても、その後の手間も

考慮して購入しよう!

 着払いで取引する時は発送前に

 どのような梱包で送料はいくらか?など

 確認する事でトラブルが避けられます。

5、全出品均一型

 

交渉成功率:★★★★

このタイプはとにかく良心的な価格で

元値が交渉するまでもなく破格が多いです。

出品するものが洋服、家電、本など

カテゴリー違いでも値段の差がほぼなく

値付けに統一感があります。

レスポンスは基本的に良くマイペースな印象

受け答えも丁寧な場合が多いのですが元値が安いので

交渉する時はまとめ買いの交渉で同梱発送の
 
送料分値引きくらいが無難です。

6、どんぶり勘定型

 

交渉成功率:★★★★

切りの良い数字(5000円、10000円)など
 
 感覚的に値付けするタイプです。
 
 稀に反感を買うレベルの値下げも効く場合があります。 
 
 売る値段を決めてない傾向があるので
 
 自分の買いたい金額よりも更に安い金額で交渉をかけ
 
 出品者からの妥協案で合意するのがスムーズです。
 
 梱包が雑な傾向があるので
 
 出品者の取引回数が少ない場合は
 
 一言、丁寧な梱包をお願いして
 
 配送中の破損リスクを減らしましょう。
 

7、譲渡・捨て値

 

交渉成功率:★★★★★

断捨離や引っ越しなどを目的に出品しているので
 
 出品された商品は不用品という認識です。
 
 元値が低いので交渉している余裕がない場合が多く
 
 このタイプはとりあえず1品購入し
 
 まだ出品される前に、これから出品される予定の商品を
 
 取引画面の中で確認し、買いたいものだけまとめ買いの

交渉をして追加購入する流れがスムーズです。 
 
 出品者の名前や販売ページ、プロフィールを読むと
 
 断捨離や引っ越しなどのワードが入っている人は要確認です。

 

以上、大まかに7種類にカテゴリー分けしました。

今回は値付けを見た時の判断基準について記載しましたが

出品者を知るためのリサーチ方法や項目はまだまだ沢山あります。

是非、この出品者なら値下げが効く!と

出品を見てすぐに気づくレベルまで分析眼を鍛えて下さい。

では次回の記事でお会いしましょう!

 

 


1個で利益1万円以上でる激レア商品
LINE友達限定で教えています。

この記事に関しての
疑問や質問もLINEでお気軽にどうぞ!

アマ転メンバーの「きよ、かず、けい」
が必ず返信します!


LINE友達追加
 ↓

友だち追加


ブログには書けない
最新激ヤバ情報
LINE@限定で配信中です


LINE ID検索はコチラ
 ↓
@rmu3536e
(@も忘れずに)


記事が参考になったらクリックお願いします。
 ↓
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ